人生のテーマ 3部作 ②

 

【タイタニック】

 

言わずと知れたレオナルド・ディカプリオ主演の映画。

名作として世に通っているが、物語自体にそれほど感動もしなければ、何度も見るほどの傑作という想いも私にはない。だがレンタル回数は【20】を大きく超える。

私の場合、見たい作品を何度でも見る傾向が強く、しかも全てをみず、あるシーンだけを見るために借りる。

 

 

余談ではあるが、人の思考の中にはどうやら『メンタルブロック」なるものが働き、今までの経験や教えにより何も考えなくても、昨日と同じ今日、今日と同じ明日を無意識で生きられるようになっているらしい。これは非常に都合の良い事でもあり、また怖い事でもある。

進むべき未来が明確にある人ほど、無意識に過ぎていく時間ほど脅威を感じるのではないだろうか?

 

そして日常において、自らの意思が流されそうになった時、自らのコンフォートゾーンを正すべく見るのが、このタイタニックの『ポーカー』と『スケッチブックの画を見せる』シーン、そして『お呼ばれした食事』のシーンである。

 

『ポーカー』は、挑戦と強い意思を。

『スケッチブック』は、見た目にとらわれない、物や人の見方を。

『食事』は、生きる哲学を。

 

いわゆる・・・

 

 

 

・・・そう、仕分けるのである。(この画、使っていいのだろうか・・・?)

 

自らのベクトルを一本、ビシ〜ッとしておく秘訣である。

 

是非オススメしたい。

 

 

しかしだっ!

あまり公にこんなことばかり言っていると「あの人変わってる人だから・・・」になりかねないので注意が必要である。

 

 

屋久島にはこんな人にあふれている。

 

皆、自分が心地いいように生活し、日々を楽しんでいる。

朝が来るのを楽しみに寝るのだ。

 

しかしだっ!

あんまり公にこんな事ばかり・・・。

 

 

だから私は皆に同じ事をメッセージで送っている・・・

 

 

 

 

「えんじょ〜い♪」

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生のテーマ 3部作 ①

 

【ライフカード】と【タイタニック】そして【マンデラ】

 

 

私の人生のテーマはこの3つから成り立っていると行っても過言ではない。

人それぞれ、必ず人生のテーマがあり、そのテーマにそぐわないものは『ストレス』となり、テーマにそえば『エネルギー』になる。

この記事をきっかけに、皆さんも自分の人生のテーマを見つめ返すきっかけになれば幸いである。

 

 

その①ライフカード

 

昔、【ライフカード】というものを使ったCMを、オダギリジョーさんがやっていて、なんのCMかは覚えてないものの、局面にぶつかった時、どんな選択肢をチョイスするか?的な内容(詳しくyou tubeにて)だったが、【ライフカード】この言葉だけは今でも私の脳みそに刻まれている。

 

 

人生の岐路において、なんのカードを引くか?

 

 

自らの力で勝ち取ったのは、学級のくじ引き係を買収し、お気にの友達で周りを固めるくらい。そしてその中には毎度変わるアイドルが一人・・・まあ数回で不正が発覚。

 

くじ引き係も簡単に吐くし・・・

 

先生にはビンタされるし・・・

 

私泣くし・・・

 

『席替えの重要性』を熱く語られるくらいで私の人生の転機にならず。しかしこの時に培った感覚は今も生かされている。

 

損得勘定で決めてはいけない事

直感に従う事

 

 

とはいえ、主に義務教育は【席替え】こそが岐路であり、その後の学生生活を桜花するかが大事だったわけで重要なライフカードが配られるはずなし。

 

しかし高3の夏の終わり・・・

 

教員か?

 

考古学者か?

 

コンサートの照明か?

 

そして美容師か?

どのライフカードを引くか⁈

 

 

結果、美容師をチョイス。(この時期では、既にそれしか選択肢はない)

しかし、この18歳ホンダ青年の引きの強さこそが現在のホンダを作っていると行っても言い過ぎではない。

 

19歳・・21・・・28・・・・34・・・・・38・・そして40歳。

それぞれの世代の私が引き続けたライフカードは、今こうして屋久島で自らの夢を一つ叶えた私を作っている。

 

お伝えしたい事。

 

 

 

終わりよければ全て良し

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

初心に戻る?

美容室では大量の髪の毛が出る。

 

これ当たり前。

 

美容室では丁寧に掃除をする。

 

これも当たり前。。

 

美容室では予約の電話がなる。

 

これもまた当たり前。。。

 

 

しかし全てにおいて、実は物語がある。

 

 

営業後の切った髪の毛を集め、毛くず入れに入れる。この時の感動。

お客様が来てくれた時の嬉しさ、自分にカットをさせてくれた満足感。

髪を処理しながら、御来店頂いたゲストを思い浮かべる。

 

 

朝、「おはようございますっ!」と挨拶する。

そこには誰もいない・・・ただサロンに挨拶する。

ここに自らのサロンがある喜び、物件をお借りしているT氏への感謝、そして今日ここで過ごす時間への期待。

ゲストをお迎えするために丁寧に掃除すること半分、残り半分は自分達夫婦の心地いい空間を保っていたいからであったりする。

 

 

予約の電話がなる。

「はいっiloです♪」このセリフと瞬間をどれほど思い描いて来ただろうか。

そして、当たり前と思っていたお客様の予約の電話が、どれだけの有り難さだったのか・・・当たり前だった事柄、全てにおいて感動があり、美容師人生20年にして初めて味わう、味わえるコト。

 

初心に戻るではなく、『初心に気づく』である。

 

前職時代、私を育ててくれたオーナーの常日頃の意識と怒られ続けた若かれし日々の意味を初めて理解できた、そんな日々である。

 

なにはともあれ2018年1月に屋久島に移住し、私の思い描いていた風景が急速に現実のものとなっていく。

 

 

うまくいく。

 

 

うまくいかない。

 

 

そんなことはどうでも良い。

 

 

何ができるか?

 

 

どれだけ自分に、人に、そして地域に貢献できるか?

 

 

ただそれだけである。

 

 

そして、実はこの先に繋がる未来があるが、それはまだ胸の中。

 

 

ただ・・・

 

 

私は、誰よりも私に期待している。

 

ホンダ マサユキ40歳

 

バカまっしぐら。

 

そして未だ、夢の途中・・・。

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃがいもと仲間たち

【3月16日 ilo hair salon   open】

そう、今日は、自分のサロンの立ち上げの日。

と、云いたい所だが、実はもう19日・・・。

 

BLOGを書くべきOpen日、そして翌日、翌々日・・・

 

 

寝てた・・・それだけである。

 

 

夫婦共に、ありえない格好で寝落ちしているのだ。

靴下が片方脱げてない日もあった。

この充実感というべきか?緊張感というべきか? やたらと寝れる。

 

と言うわけで週初めの空き時間で、blogを書き始めた次第である。

 

 

この3日間で沢山のお客様にご来店いただき、お客様のお話を聞くだけで、屋久島ママさんトークの模様が伺える。

 

おそらくこんな。

 

 

A「尾之間に美容室できたらしいわよ〜?

B「東京からだって〜

C「サン、キュ、パパパパ・・・かしら?

一同 ドカン。(上の写真がその模様)

お茶をすすって落ち着く。

D「Bさん、先に偵察してきてよ〜

B「え〜サンキュッパ〜⁈

・・・。

E「いいわっ!!私行ってくる!!(ビシっ)

 

みたいな感じでいらっしゃったEさん。

 

頂き物まで戴いた。

 

そう・・・屋久島ではじゃがいもである。吉祥寺でいう小ざさの最中の屋久島版なんだろう。

 

無論じゃがいも分コミコミでバシッと切らせて頂いたのは言うまでもない。

 

やがてDさん・・・Dさんはリーダー格であるが実は恐がりである。

やがて頷き担当のFさんが、情報通のBさんもご来店頂いた。

 

ありがたい。

 

こうして、じゃがいものツルのようにツルツルとサザエファミリーにご来店頂いた。

 

 

なるほど・・・じゃがいもはこの為か・・・

 

多分違う。

そしてこの問答はわたしの想像であることは言うまでもない。

 

 

P.S. サザエファミリーではないが、カツオくん的なT君にも、やっぱりじゃがいもを頂いた。

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅立ちのとき

・・・私の好きな言葉である。

飛行機やら、船やらに乗ると、離れていく陸を見て

 

 

「旅立ちのとき・・・」

 

この言葉が頭をよぎる。

無論、行き先はただのリゾートだったりするのは言うまでもない。

・・・が明日は真面目だ。

 

 

3月16日 屋久島 ilo  hair  salon       open

【ホンダ マサユキ 40歳 旅立ちのとき】

 

前のブログでも記した通り、上陸した時の屋久島は・・・

だったので、そんな事を考えている場合ではなかった。

 

 

この数日、お世話になった様々な人からお花やお祝いが次々と届いた。

 

一人一人の顔や想い出が次々に浮ぶ。

思い浮かんだ皆の顔が僕に微笑みかけてくれる、そう感じてしまうくらいの感動と幸せと感謝に溢れた瞬間だった・・・のに・・

 

???

 

・・・え?・・・これは〜?・・・えっと〜・・・はい?

 

これ来ちゃう???

 

彼の馬鹿笑いが頭に浮かんだ。

しかも指まで指さされてる。

 

そんな人だ。

 

僕の火の付け方をよ〜く知ってらっしゃる。

 

フライングでいらしたお客様も大笑い。

私たちも大笑い。

 

『笑う門には福来る』

 

最高の船出を迎えられたopen前日である。

 

「全ての人に感謝したい。」・・・ありきたりなスピーチの一文であるが、本当にこれに尽きる。

 

 

感謝を感謝で返したい。

 

 

私がこれまでお世話になった皆様からの想い、また僕の皆様への想いをむねに、明日からiloにいらっしゃる全ての方を、感謝でお迎えしよう・・そう想う。

 

 

旅立ちのとき。

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師とは・・・

たまには真面目に語ります。

僕は美容師と名乗るのが実は好きではない。

意外と職業を聞かれると困る。

しかも東京から来た美容師。

 

困る。

 

実際のところ、困る。

 

「チャラい」「ミーハー」「今時」「カッコつけ」・・・。

 

実は私、全てに当てはまらないのである。

 

いつから美容師がこうなったのか?

指パッチンでキメっ!みたいなCM(3、9、パパパっのヤツ)とか、やっちゃうからだろう〜?

 

実は、私、自分で言うのもなんだが、かなりの職人気質である。

カットにかけてはできればお客様の要望にお答えする前に自分がこの人はこれがいい!!なんてピーンポーンと合図があれば、それにしたくてたまらなくなる。

 

その為に屋久島に来たと言っても過言ではない。

 

人の心の奥底にあるパワーとか、価値観、特に『生き様』みたいなものを髪型としてシンクロさせたくなる。

 

流行りでなく、人を創るとは、そう言うこと。

 

髪の毛は頭にくっついてる邪魔なもの・・・ではない。

 

言うなれば、お顔を含めて首上の半分を占める部分。もはや顔すら変わる。

 

それを数千円で買えられるなんてやばいくないかっ!!!

 

プチ整形なんてもんじゃないっ!!!

 

と言うわけで、私、閃きました。

今までの固定概念を忘れ、ひとまず私におまかせくださいませ♫

 

詳細は、HPにて!!!

 

たまには語ります。

以上

 

 

 

 

 

巻かれてみたら、こうなった。

屋久島に移住し、日々、様々な人達との触れ合いがあり、日に日にお友達が増える【小学一年生】状態である。

 

ここで少しだけホンダ マサユキについてお話せざるを得ない。

ホンダ マサユキとは、自他共に認める【ずるい立ち位置】にいつも籍を置く、生まれつき幸運、しかも省エネで生きられる男である。

クラス、部活、バイト、職場・・・なぜか黄金時代と呼ばれるメンツに恵まれ、スパーサブの2番手としての立ち位置。

 

決して『主』ではない。

 

そしてスーパサブの”2番手”という所が肝である。

 

なんの責任もなく楽しいだけなのに、それなりの立ち位置を用意される・・・まさに

 

・・・である。

 

もちろん次男坊でもある。

 

総店長として旗を振っていたfeelにおいても「ホンダシフト」なるものさえ許される始末・・・いや、許されると思っていた。

 

この立ち位置には、全てにおいて【キーマン】がいる。

 

やっと話が戻るが、この屋久島においても様々なキーマンにお会いし、いわば順調な訳だが、屋久島においては些か厄介な人物と仲良くなってしまった。

 

ここではK氏としてだけお伝えする。

 

私の美容室の床を貼ってくれたK氏だが、スルスルと人を巻き込む話術とあの笑い声に皆が騙される。

 

良くも悪くもK氏のおかげで私の屋久島生活が慌ただしくなってきたのは言うまでもない。

 

【40歳バレー】

40歳以上しか入れないバレーボールサークルである。

そして私は40歳。

中には全頭白髪の方もいる。しかもこの人たち、メッチャ飛ぶ、普通に上手い。確実に僕よりも・・・いや多分アナタよりも。

 

にしも40にしてlebel1。

40歳にして体育以来、初めての経験に近いバレーボール。初心者というよりも生まれたてといったほうがしっくりくる。

基本的には勧められた事はやってみるタチな私は、アレヨアレヨと彼の術中にはまり、チーム『迷球』の初練習に到着して3分で入部、グループラインにも参加、2日間の練習後、いきなり宮之浦で行われる大会に出場・・・

 

ちょちょ、ちょっとK氏落ち着ちつこう!

僕、lebel1だからっ!メラさえ使えないのに、いきなりバラモス戦かいっ!!!

 

ま〜そんな言葉は彼の耳は入らない事も、彼と過ごした数分で理解できたので、言ってはみるものの半ば諦めもあり参加してみた。

 

めちゃめちゃ楽しいやんけ〜っ!!!!!!!

 

10番、1番、99番(刑務所の中ではない)めっちゃカックイイやんけ〜っ!!

4位に終わった今大会、決勝戦を観戦した私・・・

 

そんであの盛り上がりを傍目で見てる、やりたがり次男坊の私は、来年はあの決勝の舞台で、

 

 

「せ〜のっ、やったーっ、やったーっ」

 

 

をやる。そう誓った。

 

巻かれてみるものだ。

大会を終え、戦場を後にするK氏の背中に勇者を感じた。

 

K氏、ありがとう。

 

 

余談ではあるがK氏の奥方はやたらとベッピンさんである。

あの話術と笑い声で今に至るのだと思った今日この頃です・・・恐るべし。

 

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

屋久島によばれる・・・

・・・んなことあるか〜いっ!!!である。

 

時に人は、何故か神のお告げ的見解を公衆の面前(友達の前だけ)で堂々と(友達の前だけ)公表する。

 

私からすると・・・

 

あんた何者やねんっ?」である。

 

自分でいくんでしょ?自分で決めるんでしょ?」とお母さんが我が子に淡々と叱るように言いたい。

 

 

人と言うのはホントに自分勝手な解釈でモノを言うから困る。

 

 

本題に入る。

 

旅行版屋久島と生活版屋久島では、その距離の違いを感じざるを得ない。

 

移住当日、2日目・・悪天候により欠航、そして到着後、大寒波。

東京出張からの帰省時・・・火山灰により欠航

過去10数回に渡り屋久島を訪れてはいたが、一度としてそんな事はなっかった。今考えるとたまたまそんな時期に訪れてだけではあるが、今回の欠航、ま〜屋久島あるあるではあるので、空や海のあれぐあいからの欠航はわからんでもないが、

 

 

火山灰ってなんやねんっ!!!

こんなっ?今の屋久島こんなかっ⁈

 

ということで、なかなか屋久島に上陸出来ず、天文館はコメダ珈琲店にて、まさに怒り沸騰ブログ更新中。

 

しかし、四柱推命によると、「吉」な場所ほどいきにくく、すんなりいける時は「凶」と表現されるらしい。

 

屋久島は私達にとって吉。

やはり私達は屋久島に呼ばれているのだ・・・えっ?なにか?

 

 

以上