年の瀬と2018

 

 

2018。

 

思い返すとあまりに早く、しかし実際はこんなに1日1日を刻んだ年はなかったように思う。

 

 

こんなから始まった屋久島生活から

 

念願のiloの立ち上げ

 

父の来島

 

未だ悩まされるバレーボール

 

沢山の方が遊びに来てくれました。

 

 

縁とは不思議なものである。

 

 

新生活を始め、今まで走り続けて来た美容人生と仲間達、そして支え続けて頂いた東京のお客様によって私たちは活かされている・・・そう感じて仕方がない。

今までの良い事、良くなかったと思ていた事さえ何一つとして無駄な事はなかったとさえ思う。

 

旅行中は特別だった・・今はリアルとなった友人や、移住後に私達の生活に華を添えてくれている屋久島の友人達・・・そして大切な大切なiloのお客様。

 

 

全ての方に感謝。

 

 

こうブログを綴りながらも、色々な人が目に浮かんでくる。

 

 

 

私達の周りにはいつも、いつも素敵な人たちがいる。

合えば笑顔をくれる仲間達に溢れている。

 

 

今ままでの全てのことはここに繋がっていた。

 

 

 

 

これが私の2018。

 

 

この気づきこそ私達の2018。

 

こんな2018すらこの先の未来に繋がっている。

1秒1秒、確実に近づいている・・・

この先の未来予想図は自分次第。

 

 

 

あとはひたすらに突き進むのみだ。

来年は猪年。

猪突猛進!!

 

 

 

ぴったりジャ〜ン♬

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

びようしつとかぐ。

とても読みにくいテーマにしてみました。

 

本来は、美容室と家具。

 

これでは、個と個になってしまい【と】と言う文字では繋がりきれないので、ひらがなでくっつけて見たらこんな始末。

 

 

今回はそんなエピソードである。

 

 

 

 

先日、友人Y氏にショーケースをオーダーした。

 

 

 

 

 

このショーケースをオーダーするにも、彼の感じる私のサロンの雰囲気や私の表現したいイメージを話し合い、最初から最後まで、あ〜だこ〜だ言ってた訳です。

 

このチーク材の入手時から彼の興奮状態は見てとれ、金具一つ一つにもイカしたアンティーク金具をわざわざ取り寄せ、何かにつけてテンションが上がっているY氏。

 

 

これが私の求めていた事。

 

 

『作り手の想い

 

 

モノ造りとはこうでなくてはいけない。

 

これは私の考える仕事のスタンスでもある。

 

 

私のカットは誰よりも上手い〜っ!!!

 

※ 味皇さまです。

 

なんて事はま〜ない。

 

cut技術においては世の重鎮達には到底及ばない。

が、誰よりもお客様1人1人に向き合い、提案し、提供してる・・・つもり。だから、

 

私が切らせて頂いたお客様は他の誰が切るよりも素敵〜っ!!!

 

と思っているし、僕が誰よりも嬉しい。

 

 

モノ自体に価値はない。

 

作り手の想いが価値になる。

 

私はそう考えている。

 

 

使い続けていった未来、

 

アンティーク家具になるのか・・・

 

リサイクル家具になるのか・・・

 

はたまた粗大ゴミになるのか・・・

 

全ては作り手の想いひとつ、そしてそのモノとヒトとのストーリーひとつなのではないだろうか?

 

彼は納品日も大切に、本当に大切に納品してくれた。

彼には最高の家具に仕上がったのだろう。

しかし最高と決めるのは実は・・・私である。

 

彼にはこういった。

 

このショーケースが目に触れる度に、ホッコリ幸せな気分になるね♬

 

出来栄えは私の想像を超えていた。

優れたものは家具に限らず人を幸せにする。

両者の最高があって初めて最高になる。

 

 

私も彼も、きっとまだまだ未熟。

プライドなんてプの字も語れないし必要とさえしない。

想いが一方通行の事だってきっとある。

ただ未熟の中にも想いだけ、楽しさだけ、情熱だけはきっと誰にも負けない。

 

 

もし・・・『プロフェッショナル』の取材オファーが来たら、Y氏も出演、お願いしよ〜っと♬

 

通行人としてだけど・・。

 

 

 

びようしつとかぐ

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

師走・・・

12月の事である。

 

いつものことなら、街の至る所でクリスマスモード全開である・・・が、屋久島では、ただただ12月とだけしか言いようがない、もしろ『10月と何か変わりました?』状態である。

 

山の緑は・・緑だし、むしろ更に緑だし。

 

日差しは・・ま〜10月?くらい?

 

あ〜虫がいなくなったね♬くらい?

 

あと、草の伸びがやたら遅くなりました。夏場は昨日タネだった奴も朝には木になってますからね♬

ほんとトトロがピコピコしてんじゃないか?と思うほどです。

 

あ〜あと、尾之間温泉で郵便局のおっちゃんにやたらと年賀状のプレゼンされましたね笑

おかげで毎度の挨拶は『いりませんっ!!』に変わりましたが。

 

 

何にしても12月。

 

思い返せば・・思い返さなくても12月。話題がない12月が屋久島の12月なのだとしみじみ感じている今日この頃である。

 

 

 

 

で?

以上!!!!